緘黙の言霊

緘黙の言霊

メカ音痴でコミュ症、それゆえにブログで頭を整理するブログ もう一つのブログhttps://kanmokushou.hatenablog.com/ 雑学音楽日記いろんなことを書きます

千曲川氾濫、橋本徹氏の衝撃的発言、Mr.サンデー生放送中に日本の治水政治の裏話を暴露?

 

橋本徹氏が語る、治水政治の裏話?から自分なりに思うこと、千曲川は意図的に氾濫地域になっているのかもしれない?

 10月13日に生放送された、「Mr.サンデー」で橋本徹さんが言った治水政治について気になった

 

 橋本徹さんといえば、元政治家だったように思う、大阪のトップやったような気がする裏話知ってても不思議ではないよな。

 

そんな橋本徹さんが、生放送、という、政治の手の届かない範囲で語った事が気になりました。

 

自分なりの解釈ですが、 東京などの大都会は治水されているけど、地方は予算不足で堤防などにお金がかけられないということや、ここは、氾濫しても仕方ないという判断を治水政治で下しているようだ。

 

今回氾濫が起きた千曲川はあそこを超えると川幅が狭くなっている。下流には今は政令市例都市で、昔、日本海側屈指の港だった新潟市がある。

昔の長野というえば、想像ではあるが、陸の孤島だったのかもしれない、今回、氾濫したところに何も無かったとしたら、あそこは良いだろうと思われていた可能性がある。

 

あの地域のすぐ下流にある飯山という地域にも城があるし、昔は重要拠点だった可能性があります。なので意図的に氾濫するように川幅が狭くなっているのかもしれない!!

時代は変わり今回堤防決壊した地域には人も住んでいるのだから、今後も氾濫ありえそうなので、千曲川の事をもっと考えて、国が予算回してくれればいいのにて思います。

 

なぜかと言うと僕がせっかく地域発展の為にブログで宣伝していたけれど、この災害の被害額を考えると自分のやってることなんて、小さなことなんだな、て無力感を感じました。正直、ブログのモチベーション下がりましたよ。

 

おそらくまだ僕のブログを観て観光客来てないだろうな。

 

そんな僕が孤軍奮闘してるなか橋下氏が語ったことが、ネットでも各方面で語られている

yahoo!知恵袋にて

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

さとうとしおさん

2019/10/1413:25:27

そのような考え方は、大むかしからありました。大雨が降ったら、田畑を守るために、湿地帯、沼地側に水を流すというものです。
上流で川が氾濫してくれれば、下流のの田畑は守られる。上流の村人には申し訳ないが、氾濫してくれることを願った、というのを聞いたことがあります。さすがに、村人が上流まで行って堤防を決壊させるようなことはしなかったでしょうが、江戸時代の封建制度のもとでは、そのようなこともあったでしょう。

やがて、田畑に街ができ、湿地帯や沼地を埋め立て家が建ちました。この不況下に決壊しない堤防を作る資金はありません。河を広げるために住民に移住してもらう金もありません。 戦後、作ったと橋やトンネル、建造物の老朽化がすすみ、そちらの方に税金をまわさざるおえません。積極的に洪水を狙ったわけではではなく、結果的に後回しになってしまっている、ということだと思います。

 ツイッターにて

 

 

まとめ

なんてこった、千曲川復興フェスを開いてチャリティーコンサートでもするしか無いですね。

峰隆太、弁護師、などを集めて・・・・

 

このブログは社交不安、ひきこもり系コミュ障でIQがそれほど高くない人間が書いているので、信ぴょう性は欠けるということだけは言っておきますが、名探偵コナンばりの推理で、意外と真実に近い可能性があると思っている