緘黙の言霊

緘黙の言霊

メカ音痴でコミュ症、それゆえにブログで頭を整理するブログ もう一つのブログhttps://kanmokushou.hatenablog.com/ 雑学音楽日記いろんなことを書きます

【この女性を鑑賞すれば心が癒されます】僕が見つけた素敵な女性達5選

f:id:kanmokushou:20200401125616j:plain

 

コロナでまいってる精神に癒しを与える女性達の紹介

 誰しもが、まいってしまうような、惨状にこの日本も陥ってしまっている。

パソコンやスマフォを持っている人ならば、動画などを鑑賞することでなんとか精神を持ちこたえられるかもしれないと思う。

自分も現実逃避して、そういったことをしている一人だ。

僕が良いと思う女性アスリートやタレントを紹介したいと思った。

今回は、広瀬すずさんや、浜辺美波さん、などの誰もが知るような魅力的な女性は敢えて外しました。

何故かと言えば、僕が紹介しなくても、既に知っていると思ったからです。

 

村上清香(むらかみさやか)

村上清香さんは日本の陸上アスリート選手で、大腿義足の200メートル走り幅跳びの前日本記録保持者です。

 

25歳の時に、誤って線路に落ちてしまい、右足大腿切断と左足粉砕骨折の大けがを負って義足になってしまったようです。

 

しかし、その知的な言動と、柔らかい物腰と、クリクリな目の素敵な容姿で、スタイルも良いと思います。

自分の言葉を持っている素晴らしい女性という印象です。

性格も見掛けも憧れの女性の一人と思う。

 

 

滝沢ななえ

滝沢ななえさんは元バレーボール選手で、レズビアンだと言われている。

 小学校2年からバレーボールを始めて、25歳で引退している。

「美しすぎるバレーボール選手」と言われる程、容姿端麗なのです。

顔が小さいし、宝塚の男役のようだ、とも言われている。

 自分が女性を好きだと気が付いた切っ掛けは、上野樹里さん主演の性同一性障害をテーマにしたドラマ「ラストフレンズ(2008年)」を見て、女性と付き合ってみようと思い立ってから目覚めたという

 

 

世界一のゆっけ(酒村ゆっけ)

世界一のゆっけさんは、登録者数2万人を超えるyoutuberです。

脱力系の美人ですが、一人で酒を飲んで、文系のようなナレーションで動画を作る、ネオ無職と自分の事を言っているようです。

tiktokというものでも有名人らしい。これだけyoutubeで成功していれば、酒なんて浴びれる程飲めるだろうなと思う。

美人は羨ましい人種だと思う。文才もあったり頭も良いんだと思う。

 

 

 

 野呂佳代

 野呂佳代さんはAKB48SDN48の元メンバーです

ぽっちゃり系の人気タレントランキングに入らないのが不思議な程、魅力的な容姿の女性だと思う。

歌が意外と上手かったり、バレエティータレントとしてのスキルもなかなか高いのがより一層その魅力を増している。芸人たちの間でも返しが上手いと認められているようです。

 

 なかなかイケメンの、じゅんきさんというyoutuberですら、野呂佳代さんを美人と語っていました。

 

たこ焼きも焼けたり、器用にこなして、YOUTUBERとしても活動しているけれどおどろく事にそれほど、再生回数がないということだ!

 ぽっちゃり系の女性が好きな男は多いので需要はありそうに思うのだが。

 

笹崎まみ(SCANDAL MAMI)

 笹崎まみさんはSCANDALというガールズバンドのギタリストで奇抜な髪形で有名でした。

ビジュアルや音楽もカッコいいと思った。ゲームが好きで上手かったり、色々多才なイメージがあります。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

MAMI(マミ)
ギター・ボーカル担当。
1990年5月21日生まれ、愛知県出身。血液型AB型。身長161cm。
愛称は「まみたす」「たすぽ」、一人称は「オイラ」[3]または「僕」
高校時代、SCANDALとは別に結成していたバンドでは、ドラムスを担当していた。
好きなギタリストとして、JUDY AND MARYのTAKUYAを挙げている。
動物に例えると「ねこ」[3](全員一致で。ただしTOMOMIの説明によると「日本の猫」)。

ちなみに本名、笹崎まみ

 departureて曲も、MAMIさん作詞作曲だけどカッコいいと思う。

最近の動画見ると、眉毛の雰囲気が変わって少し柔らかい印象になってたと思った。それもまた、素敵に見えた。

 

まとめ

美人アスリートや、YOUTUBERは正直、僕が発見できないだけで沢山存在していると思う。

 

野呂佳代さんのように、魅力的ながら、それほどランキング上位に降臨しない不思議タレントも沢山いると思う。

 

そういった、世間が気が付かない部分にスポットを当てるのが僕の役割でもあるかもしれないと、ふと思ったのであった。