緘黙の言霊

緘黙の言霊

メカ音痴でコミュ症、それゆえにブログで頭を整理するブログ もう一つのブログhttps://kanmokushou.hatenablog.com/ 雑学音楽日記いろんなことを書きます

血眼 (現・白い朝に咲く)  のアルバム”whiteout ” は爽快さとアンニュイさをあわせもった、雨の日に部屋で聴きたくなるようなアルバムだった

 

 血眼というバンドはどんなバンド?

 

2012年8月結成。メンバーは全員女子のガールズバンド

徳島出身の3ピースバンド

 

活動開始から半年で、徳島県内で開催されている、チャットモンチーも受賞しているという「はなはるバンドコンテスト」にてグランプリを受賞

今作が初の単独全国流通音源のリリースとなる。

雨の日に聴きたくなるようなバンドを目指していたという

www.hmv.co.jp

 

その後、血眼はバンド名を、白い朝に咲く、と変えその後はメンバーが脱退したりしつつ新しいメンバーも入ったりして活動しているようです

 ネーミングセンスが、血眼、といい、白い朝に咲く、といい独特だなと思う。

yamomo12.com

 

 アルバム内容の感想

1曲目から疾走感のある、光の部屋 という曲で始まる、疾走感のあるアルバムなのか?と思わせつつも、光と陰、どちらかというと全体的には陰な雰囲気のアルバムだと思う

まず、なんといっても、3曲目の涙のブラウニー という曲、それだけは聴いて欲しいと思いました。

キャッチーな曲であって中毒性のあるその楽曲、1回聴いただけで耳に残るような曲だと思う。


血眼「涙のブラウニー」MV

 

4曲目のshe“S”」がテレビ東京系「ポンコツ&さまぁ~ず」クールエンディングテーマだったらしい

 

「映画のような作品にしたかった」と本人たちも述べていますが、どこか、切なさを感じる曲が多い気がします。

雨の日に似合うアルバム、確かにそうなのかもしれないと思った。

高い声が切ないメロディーにのって、雨の日のアンニュイな雰囲気を描いている、そんな気がしなくもなかった。

6曲目ししざ流星群 では実際に雨というフレーズも歌詞に出てくる

http://j-lyric.net/artist/a059de7/l0356f9.html

 

このアルバムとは関係ないけれど、雨の日は本が読みたくなる、村上春樹、とかを読むと気どった気分になってまるで自分が紳士のニートみたいな気分になれるのは僕だけなのだろうか?

 

 

whiteout

whiteout