緘黙の言霊

緘黙の言霊

メカ音痴でコミュ症、それゆえにブログで頭を整理するブログ もう一つのブログhttps://kanmokushou.hatenablog.com/ 雑学音楽日記いろんなことを書きます

【ブログアクセスアップ】底辺ブロガーが起こした奇跡?アクセスのビッグウェーブが訪れた【19時の時点でPV75000越え】

 

f:id:kanmokushou:20200506193017j:plain

 

底辺ブロガーが一日7万5000アクセス超えた

 この前、小さな奇跡を起こした

 

kannmoku.hatenablog.com

 そして、今回は、もっと大きな奇跡が起きた。

これが天変地異の前触れで無いことを祈らずにいられない。

命があっての、ブログアクセスですから。

 

ずっと、地震の事が心配で過ごしていた

ブログをするのも、喋る人がいなかったりして孤独感が強く、かといって、YouTubeとかも出来ないし、ネット上でも積極的に人に絡む事は僕には出来なかった。

 収益とか無理と思ってたし、今もそういった活動には積極的には動き出せていない。

なので、確かに未だに底辺ブロガーなのかもしれない。

 

 別に収益とかを目指してる訳でもないけれど、頭の片隅に

「成功してお金稼いでいる人がいるんだ、自分もそうなったら、サイコパスのいる障害枠で無理しなくてもよくなるかな」

とか夢見たりもしていたけれど、自分には無理だと思ってしまう癖があってなかなか上手くいかなかった。

ずるずると、思考停止でブログを上げ続ける日々だった。

 

まさに底辺ブロガーと言える存在だったと思う(過去形にしている事に突っ込まないで下さい)

 

しかし、今日のアクセスを、見てびっくりした。

2020年5月6日の19時前の時点で今日のアクセスは7万5000を超えている。

この僕でも奇跡が起きるならば誰でも起こせるのかもしれません。

その奇跡の詳細を記事にしたいと思います。

ただ、それほど、詳しくないので、当人としても間違った推測などはあるかもしれません。

 

難しく、知的に、的確にアクセスアップを説明する人はいます。

でも、普通よりちょっとアレかも?て感じの人が説明するアクセスアップはすぐ実行出来ると思います。

反面、頭の良い人が言うことは実行が難しいですよね?

今回、実際、一発屋かもしれないけど、バズを経験したと言っても過言ではない僕がそのコツ伝授します。

 偉そうな事を責めたり、見下したりしないでください、小者が一回アクセス上がれば調子乗っても仕方ないですよね。

f:id:kanmokushou:20200506184644j:image

 

バズのコツは自分が気になる事を記事にして偶然を待つことだけです。

この見出しを見て、なんの参考にもならないし、こんな低能な人間の意見は全く参考にならないと思ってしまう人が多い事でしょう。

 

しかし、あることに僕は気が付いたのです。

皆、インターネットやテレビ見ていて、それも自分を見ていて、似たような不安を抱いたり、興味を抱くということです。

 

不安に思ったり、興味を持ったことを人は検索するじゃないですか。

だから、自分が日々、不安に思うこと、興味を持ったことを調べて、それをブログにしていくのです。

それが、運よく検索で出るようになれば、それでアクセスアップするんじゃないだろうか?て事です。

 

かなり単純な話ですけど。実際、今回の僕の一時的かもしれないけれど、アクセスがアップした原因はそこにあると僕は推測しています。

 

 

今回のバズの経緯を推測

 まず、地震の事が心配で、ブログ記事にするついでに調べようと思って、地震の事を記事にしました。

そしたら、昨日の夜、地震の緊急アラームが都会の方で鳴ったようです。

 

それを不安に思う人は多かったんだと思う。

そして、運が良い事に僕がその時に書いた記事が検索で引っかかるようになっていたのです。

 

不安に思った人たちが検索、僕の記事がアクセスアップしたという事だと思う。

僕は、そこまでアクセスアップすると予想していなかったので、驚きました。

 

 

まとめ

正直、勘違い野郎と思われる事が自分の中で危惧される。

僕は、マネタイズに成功しているとは、とても言えない人間です。

しかし、この楽な仕組みを理解すればいいという、誰もが出来そうな事を、他の人に教えてしまって良いのかと不安になる。

せっかく、自分が初めて、バズを経験したのに、この仕組みを教えてしまえばライバルを増やしてしまうことになりかねないからです。

 

しかし、僕も、ブログをコンスタントにアップしていきたいですから、今日は他にネタが無かったので、この情報を公開してしまいました。